新着情報

2017年6月5日清水焼「薄氷」杯・汲出し碗  【朝日堂】

京都の古来より名産である清水焼は、献上品であったため繊細なつくりが特徴です。

今回は、「薄氷」という極薄の器を紹介したいと思います。

img_01 img_02

この「薄氷」のような極薄の器は、ある清水焼陶工によって作り出された技術の賜物です。

ここまでの薄さにするには、手と目だけで作業するのではなく、夜間周囲が静かになってから耳も使い、削れる「音」を頼りにギリギリの薄さまでにします。

ここまで薄いと焼成にも注意が必要となります。あまりに生地が薄いので、通常の置き方で焼成すると生地が自重に耐えきれず口の部分がへたってしまいます。それを防ぐため、「ふせ焼」(口と高台を逆さまにして置く)にして焼成します。これにより口の形状は保たれますが、全体の50%以上の生地は楕円形に変形してしまったり、これにさらに絵付けをして焼成を繰り返すので、決して成功率は高くない焼き物です。

この薄さだと、飲んだ時に舌の触覚が邪魔されず、お茶やお酒本来の味が、ハッキリとおいしく感じることができます。そして、お茶を注いだ際は、中のお茶の色まで透けるので目で見て楽しんでいただけます。

この薄さをぜひ店頭にて体感してみてください。

嵐山 昇龍苑 朝日堂

ページトップへ