新着情報

嵐山昇龍苑でとっておきの酒と肴を揃えて愉しむ、至極の家飲み時間

トピックス

日が暮れるのが早くなり、眠りに就くまでの時間をゆったりと過ごせる秋の夜。とっておきのお酒とおつまみで、1日の疲れを癒すデトックスタイムにしませんか。嵐山昇龍苑をぐるりと回れば、京都の酒蔵で造る酒、専門店のおつまみが揃い、充実の家飲みセットが出来上がります。

『丹山酒造』  ひやおろし

パッケージに紅葉舞う、秋らしい「ひやおろし」。寒仕込みの新酒を一度火入れした後、酒蔵でひと夏寝かした「ひやおろし」は、秋の訪れを告げる、今が旬の日本酒です。夏、貯蔵庫の中で熟成されて絞りたての荒さがとれ、まろやかな味わいに。
丹山酒造の「ひやおろし」は、米、米麹ともに京都産の山田錦100%を使い、精米歩合を60%にして、米本来の甘みとまるみのある飲み口に仕上げてあります。香りも穏やかで、日本酒の匂いが不得意という方や強いお酒は苦手な方にもするすると飲める口当たりの良さ。
よりまろやかさを求めるのであれば常温で、スッキリとした喉越しを楽しみたい方は冷蔵庫でよく冷やしてからお召し上がりください。

『丹山酒造』 ひやおろし 720ml 2750円

『豆政』 わさびピーナッツ・カレービンズ、イタリアンピーナッツ

明治17(1884)年の創業以来、豆一筋の「豆政」。京みやげとしては、「夷川五色豆」や「すはまだんご」などが有名ですが、今回オススメしたいのは酒のアテにピッタリな豆菓子3品。
まずは、日本酒に合わせたい「わさびピーナッツ」。口に入れた瞬間、わさびが鼻にツーンと抜け、舌にピリッと刺激しますが、刺激はふわりと消え去り、カリッとしたパフの食感、大粒のピーナッツ、わさびの調和の取れた美味しさが続きます。
ビールに合うのは「カレービンズ」。フライした空豆に特製のカレーパウダーをまぶしたスパイシーな豆菓子。今まで抱いていた「空豆=硬い」の印象を払拭する軽い食感で、ポリポリといくらでも食べられます。
最後はワインに合う変わり種の「イタリアンピーナッツ」。トリュフにオニオン、オリーブオイル、チーズ、唐辛子などの味が複雑な味のハーモニーを奏で、癖になる味わいです。

『豆政』 わさびピーナッツ80g、カレービンズ80g、イタリアンピーナッツ70g 各378円

『ちりん』 ちりめん山椒 嵐山昇龍苑限定パッケージ(秋)

かわいらしい和テイストのパッケージに入った「ちりめん山椒の専門店 京都・嵐山ちりん」の甘辛く味付けした定番のちりめん山椒。通常は40g入って650円のところを「嵐山昇龍苑」ではたっぷり75g入って1080円のお得用サイズで販売されています。パッケージも秋らしい紅葉柄で手土産にしても喜ばれそうな一品です。
看板商品ともいえる定番のちりめん山椒は、ごはんと一番合うように味付けは少し濃いめなので、冷奴の上に乗せたり、チーズと一緒にパンに乗せてトーストしたりとちょっとひと手間加えて酒の肴に加えるのもありです。
「ちりん」では、他にも黒胡椒、カレー、ハバネロなど香辛料のピリッと効いたお酒に合うちりめん&ちりめん山椒を多数取扱い。今晩のお酒に合わせた一品をお選びください。

『ちりん』 ちりめん山椒 75g 嵐山昇龍苑限定パッケージ(秋) 1080円

『西利』 京のあっさり漬 茄子/西利限定栽培 京のあっさり漬 丸なす

「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざができるくらい美味しい秋の茄子。「京つけもの 西利」には、茄子だけで3種類の漬物があります。
「京のあっさり漬 茄子」「京のあっさり漬 丸なす」「酵房西利 水なす 浅漬け」の違いは食べれば明確。京都の地で育った丸茄子と水なすは、果肉のみずみずしさは似ていて、より皮が柔らかいのが水なす、歯ざわりの良いのが丸茄子です。
昔からあるあっさり漬茄子は、味が染み込みやすく、りんご酢のさっぱりとした酸っぱさが魅力的。お好みのものを一つ選ぶのもいいですし、贅沢に3種類を食べ比べ、お好みの酒に合う茄子を探すのも一興。ひんやりとした茄子の漬物を今宵の一献にいかがでしょうか。

『西利』 京のあっさり漬 茄子 1個 356円 / 西利限定栽培 京のあっさり漬 丸なす 1個 475円 6~10月限定 / 酵房西利 水なす 浅漬け 1個 594円