新着情報

『まめものとたい焼き』 2021年秋の期間限定新商品「安納芋のたい焼き」

ショップ まめものとたい焼き

少し肌寒い季節により美味しいたい焼きに新作が11月1日から登場。
それが秋限定商品の「安納芋のたい焼き」。
販売数も1日30食限定です。
収穫したあと少し寝かせて増した芋本来の甘みを、焼き芋にしてぐっと凝縮。ねっとりした焼き芋にほとんど砂糖も加えずそのまま餡にした自信作。
通常のたい焼きと同じようにバター入りも選べます。さつまいもとバターのテッパンの組み合わせがたい焼きに入って、至福の味わいです。

価格:1日30食限定「安納芋のたい焼き」 350円(コーヒーセット 600円)、
「安納芋のたい焼き バター入り」 400円(コーヒーセット 650円)

『福寿園 嵐山茶屋』 かわいいのに本格派!老舗茶舗の抹茶がアクセント

ショップ 福寿園 嵐山茶屋

2021年9月16日にリニューアルオープンしたばかりの「福寿園 嵐山茶屋」。
リニューアルの目玉商品として登場したのが、縁日気分も味わえる“わたあめ×食べるラテ”のコットンパフェです。
カップの中には濃厚なミルクゼリーと福寿園の抹茶を使った抹茶ソースで抹茶ラテ風に。秋らしく栗、黒豆、白玉を散りばめ、上からふわふわのコットンキャンディーをのせました。最後にぱらぱらとふりかけた、抹茶「黄みどり」の香りが爽やか。

価格:コットンパフェ 抹茶マロン(9~11月限定) 800円

『松栄堂 嵐山香郷』 お土産に迷ったら、老舗の香りが間違いなし

ショップ 松栄堂 嵐山香郷

創業およそ300年の老舗「松栄堂」の「嵐山香郷」店限定の香りは、やわらかい秋の空気にぴったりな華やかな甘さ。
この限定の香りと人気の香り「白川」をセットにした商品が「嵐山彩香」。
色づく紅葉を描いたパッケージに入っており、直営店オリジナルのお香立をセットにすれば、喜ばれること間違いなし。

価格:嵐山彩香 715円、直営店オリジナル香立て 550円

『中嶋象嵌』 究極のハンドメイド、京象嵌の秋意匠

ショップ 中嶋象嵌

刀のつばやお城の装飾技術として全国に広まった象嵌。
中でも京都のものは「京象嵌」と呼ばれ、糸ほどに細くした金や銀を、さらに細かくカットした点で背景を埋める「総嵌(そうがん)」技術を用いるのが特徴です。
また”桜”、”銀杏”、”蔦の葉”は京象嵌に伝わる伝統柄の代表。熟練の職人にも難しいという総嵌入りの銀杏を身につければ、一層、秋の京都観光が楽しめそうです。

価格:銀杏 両面ペンダント(雫型) 13,200円(チェーン42〜45㎝)
銀杏 両面イヤリング(雫型) 8,800円(ピアスへの付け替え無料)

ケーキ移動販売のお知らせ【マールブランシュ 嵐山店】

ショップ マールブランシュ 嵐山店

マールブランシュでは、嵐山店にて下記の日程でケーキの移動販売を行います。

10月13日(水) 11:00 〜
10月29日(金) 11:00 〜

※ケーキが無くなり次第終了となります。
※予定は変更になる場合がございます。御了承のほどお願い致します。

「中嶋象嵌」からのお知らせ【京ぞうがん 中嶋象嵌】

ショップ 中嶋象嵌

中嶋象嵌の10月の営業について、下記の通りとなります。

時間:11:00〜16:00
店休:6日,12日,14日,20日,27日、28日

ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い致します。

『西利』 京のあっさり漬 茄子/西利限定栽培 京のあっさり漬 丸なす

ショップ 京つけもの 西利 嵐山 昇龍苑店

「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざができるくらい美味しい秋の茄子。「京つけもの 西利」には、茄子だけで3種類の漬物があります。
「京のあっさり漬 茄子」「京のあっさり漬 丸なす」「酵房西利 水なす 浅漬け」の違いは食べれば明確。京都の地で育った丸茄子と水なすは、果肉のみずみずしさは似ていて、より皮が柔らかいのが水なす、歯ざわりの良いのが丸茄子です。
昔からあるあっさり漬茄子は、味が染み込みやすく、りんご酢のさっぱりとした酸っぱさが魅力的。お好みのものを一つ選ぶのもいいですし、贅沢に3種類を食べ比べ、お好みの酒に合う茄子を探すのも一興。ひんやりとした茄子の漬物を今宵の一献にいかがでしょうか。

『西利』 京のあっさり漬 茄子 1個 356円 / 西利限定栽培 京のあっさり漬 丸なす 1個 475円 6~10月限定 / 酵房西利 水なす 浅漬け 1個 594円

『ちりん』 ちりめん山椒 嵐山昇龍苑限定パッケージ(秋)

ショップ 嵐山 ちりん

かわいらしい和テイストのパッケージに入った「ちりめん山椒の専門店 京都・嵐山ちりん」の甘辛く味付けした定番のちりめん山椒。通常は40g入って650円のところを「嵐山昇龍苑」ではたっぷり75g入って1080円のお得用サイズで販売されています。パッケージも秋らしい紅葉柄で手土産にしても喜ばれそうな一品です。
看板商品ともいえる定番のちりめん山椒は、ごはんと一番合うように味付けは少し濃いめなので、冷奴の上に乗せたり、チーズと一緒にパンに乗せてトーストしたりとちょっとひと手間加えて酒の肴に加えるのもありです。
「ちりん」では、他にも黒胡椒、カレー、ハバネロなど香辛料のピリッと効いたお酒に合うちりめん&ちりめん山椒を多数取扱い。今晩のお酒に合わせた一品をお選びください。

『ちりん』 ちりめん山椒 75g 嵐山昇龍苑限定パッケージ(秋) 1080円

『豆政』 わさびピーナッツ・カレービンズ、イタリアンピーナッツ

ショップ 豆政

明治17(1884)年の創業以来、豆一筋の「豆政」。京みやげとしては、「夷川五色豆」や「すはまだんご」などが有名ですが、今回オススメしたいのは酒のアテにピッタリな豆菓子3品。
まずは、日本酒に合わせたい「わさびピーナッツ」。口に入れた瞬間、わさびが鼻にツーンと抜け、舌にピリッと刺激しますが、刺激はふわりと消え去り、カリッとしたパフの食感、大粒のピーナッツ、わさびの調和の取れた美味しさが続きます。
ビールに合うのは「カレービンズ」。フライした空豆に特製のカレーパウダーをまぶしたスパイシーな豆菓子。今まで抱いていた「空豆=硬い」の印象を払拭する軽い食感で、ポリポリといくらでも食べられます。
最後はワインに合う変わり種の「イタリアンピーナッツ」。トリュフにオニオン、オリーブオイル、チーズ、唐辛子などの味が複雑な味のハーモニーを奏で、癖になる味わいです。

『豆政』 わさびピーナッツ80g、カレービンズ80g、イタリアンピーナッツ70g 各378円

『丹山酒造』  ひやおろし

ショップ 丹山酒造 嵐山昇龍苑店

パッケージに紅葉舞う、秋らしい「ひやおろし」。寒仕込みの新酒を一度火入れした後、酒蔵でひと夏寝かした「ひやおろし」は、秋の訪れを告げる、今が旬の日本酒です。夏、貯蔵庫の中で熟成されて絞りたての荒さがとれ、まろやかな味わいに。
丹山酒造の「ひやおろし」は、米、米麹ともに京都産の山田錦100%を使い、精米歩合を60%にして、米本来の甘みとまるみのある飲み口に仕上げてあります。香りも穏やかで、日本酒の匂いが不得意という方や強いお酒は苦手な方にもするすると飲める口当たりの良さ。
よりまろやかさを求めるのであれば常温で、スッキリとした喉越しを楽しみたい方は冷蔵庫でよく冷やしてからお召し上がりください。

『丹山酒造』 ひやおろし 720ml 2750円